埼玉県知事が入間市にやってきた!~カネパッケージ編~

2019/12/31

なんとなんと、埼玉県民733万人のトップである大野元裕埼玉県知事が、我らの入間市にやってきた!どうも「知事のふれあい訪問」ということらしい。南峯に本社を構える梱包材の世界企業、カネパッケージ株式会社に降り立った、その時の様子をレポートします!

なかなか入間市民でも踏み入れない場所へ

金子の八高線や美しい茶畑に囲まれた一角にあるのが、入間市の世界企業であるカネパッケージさん。位置関係でいうと、圏央道と八高線と狭山ゴルフの中間くらいにあって、正直なかなか行くことのない入間市のコアなゾーンの一つ。でも、ここ、かなりの入間市民や全国の人たちが工場見学ツアーでやってくる場所なんです。もちろん、携帯の電波もバリ3です。パスポートも要りません。ここに、大野埼玉県知事、今回も颯爽とやってきました! (写真はカネパッケージ株式会社様のホームページより拝借)

なんだか凄い、2017年に完成した新社屋!

入り組んだ道の先にあって、遠くからもあまり認識できないのに、近くにいったらいきなり近代的なカッコイイ本社が登場。これまた大野知事の公用車、センチュリーが引き立ちます。 この地上3階建ての新社屋は、環境に優しいパッシブデザインがコンセプトなのだそう。(パッシブデザインとは、太陽の光、熱、風といった「自然エネルギー」を最大限に活用・調節した快適な住まいづくりの手法のことらしい)
更に、開発試験(R&D)機能を充実させ、IoT促進の一環として試験状況を、オンラインで日本のみならず海外からも、リアルタイムで確認できるシステムも構築していて、最新鋭の設備が整った近未来型の工場なのだそう。 ちなみに、屋上にあがったら、加治丘陵や茶畑が一望できて、最高のロケーションだったので、同席した入間市長も思わず、ここで夏にバーベキューしましょうと盛り上がっていた。来夏は県知事が入間市にバーベキューしにやってきたという記事を書けるかもしれない。

プレゼンテーション&スペシャルライブが!!

まずは階段で2階に上がり、会議室で埼玉県知事のふれあい訪問が始まった。兼平会長と金坂社長から歓迎のご挨拶があり、カネパッケージの“カネ”を名前に持つ会長と社長は、別に血縁関係にあるわけではないらしく、会長曰く、「兼金コンビ(カネカネコンビ)」なんです!といって大野知事の笑いを取り、一気に和やかなムードでプレゼンテーションがスタート。
プレゼンテーションでは、新社屋の話から、SDGsへの取組、その設計の独自技術などについて詳細なプレゼンテーションがあり、同社のPR動画(というよりプロモーションビデオといった方がいいくらい)も放映された。これは、社屋を舞台にサムライが切りかかる敵たちを倒しながら進んでいくというカッコイイもので、出演者は全員社員で、ところどころにその紹介も入ってくるところは秀逸だった。ちなみに、この映像制作会社は兼平会長の御子息が経営されているのだそう。やはり才能のある方は、何をさせても一流になるのだと感心する。
そして、次にずらずらと女性社員たちが登場をして、何かが始まる雰囲気である。そう、同社には、ハンドベル部があるそうで、ハンドベルの生演奏を披露してくれた。これには大野知事も驚きとともに、ほっこりした様子でハートが鷲掴みにされた様子。同社では、会社訪問をされるお客様には、可能な限りこうしてハンドベル部による演奏でお迎えをしているとのことで、そのホスピタリティにまた驚かされる。

大野埼玉県知事、卵2階から投げるってよ

さて、ここで工場見学へと進むことに。まさに同社の心臓部、設計と生産のラインを見ながら、実際に様々な素材の梱包物や段ボール、発泡スチロールの加工が目の前で行われていく。大野知事も完成品を手にしながら機械の動きを真剣なまなざしで見つめている。
会社のエントランス付近に行くと、段ボールで作られた東京スカイツリーがそびえたっている。これは、同社が受け入れている法政大学キャリアデザイン学部の体験型授業として、ビジネスフェアの展示ブースを企画した際に大学生たちが製作したものだそうで、圧巻。かつ、大学生にまで授業の機会を提供している同社のCSR活動には本当に頭が下がるものである。
そして、大野知事、外階段にいざなわれ、ボール型の段ボールでできた梱包材を渡されると、その中には生卵が入っている。ハテナ???な顔をしていると、同社の製造技術を分かりやすく体験するために、2階から思いっきり投げるように説明を受ける。笑いながらも、本当にいいんですか、とちょっと不安そう。そして、みんなの声援の中、大野知事、力いっぱい生卵を投げつける!落ちた生卵を梱包から開けると・・・割れてなーい!大歓喜!!今日イチの笑顔を見せていた。
ちなみに、これは工場見学を受け入れた際にも一番人気のプログラムだそう。ぜひ、皆さんも工場見学があった時には、参加してみよう!

終わりに

大野元裕埼玉県知事の入間市訪問、カネパッケージ株式会社さんを選定した理由がなんとなく分かった気がした。SDGsや自然環境への向き合い方、そして最新のIoT技術を駆使した超スマート社会への挑戦、その全てが大野新知事の掲げる政策にマッチしていた。こうした先駆的な世界企業が入間市にあるということ、それもなかなか普段は訪れない場所にあえて立地しているということ、これを入間市民としても知っていたいものである。誇りにしたいものである。
ぜひ、カネパッケージ株式会社、チェックしてみてほしい。

埼玉県知事が入間市にやってきた!~カネパッケージ編~

このことをみんなにも教えてあげよう!

ツイート シェア LINEで送る